東京スター銀行の「おまとめローン」審査 口コミ・評判

東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)審査のコツや口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、即日融資などのメリット・デメリットを解説しています。

東京スター銀行ロゴ 東京スター銀行のスターワンバンクローン(おまとめローン)口コミ・評判による審査について

東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)なら、バイト・派遣・パートの方でも借り入れできる!年5.8%〜14.8%と低金利。MAX1,000万円まで借入OK。WEB7分で申込完了!


東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)審査のコツや口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、即日融資などのメリット・デメリットを解説しています。

東京スター銀行「おまとめローン」の詳細

東京スター銀行 ローンカード★商品名
東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)


★ご利用頂ける対象者
・契約時年齢が満20歳以上〜満65歳未満の方。
・基本的に、毎月安定的に継続した収入のある方、または、配偶者に定期的な収入が入る専業主婦の方。
・年収200万円超の方
・保証会社(株式会社TSBキャピタル)の保証が受けられる方


★契約極度額
30万円以上〜1,000万円以下(1万円単位)
※申し込み時の借換え対象ローン残高の範囲内に限ります。


★融資利率
(実質年率)
5.8%〜14.8%
 ※借り入れ利率は変動金利です。適用金利は金融情勢等により変動します。


★使用限度額(繰り返し使用限度額)
30万円〜300万円以下(10万円単位)
※審査により決定いたします。
※利用範囲額(繰り返し利用可能額)がローン残高を超える場合は、ローン残高と利用限界額の差額の範囲内で繰り返し利用できる。ローン残高が使用限界額を超える場合は、払戻専用となります。


★使用用途
・申込み本人に対する無担保個人向けローンの借換え、とおまとめ。対象となるローンは、金融機関等(銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・信販会社・カード会社・消費者金融会社など)のローンに限ります(但し事業性資金を除きます)。
・初回使用時に、借換えおよびおまとめに相当する額を当行より振込いたします。
・当行無担保個人向けローンの借換えには利用不可。
・ローン残高が使用限界額を下回っている場合は、利用限度額の範囲内で資金使途自由で利用できる(事業性資金を除く)。


★契約期限
限界額利用可能期限の10年後応当日。ただし、限界額利用可能期限を越えて、契約期限を待たずに完済した場合は、完済した日をもって契約満期日とします(範囲額使用可能期限時点で元利金全額が返済されている場合は、当該期限をもって満期満了となります)。また、契約期限の時点でローン残高がある場合は、当該ローン残高全額を契約期限に返済いただきます。


★限界額利用可能期限
ローン残高が利用範囲額を下回っている場合、65歳時の契約日応当日ののち、最初に到来する10日まで、{いただけます|できる|られます(ただし、申込日から契約日までの期間に誕生日を迎えた場合は、66歳時の契約日応当日ののち最初に到来する10日まで借り入れできる)。


★使用方法
利用限界額(繰返し利用可能額)がローン残高を上回っている場合は、ローン残高と利用限度額の差額の範囲内でインターネットバンキングを通して{繰り返し利用いただけます。
なお、インターネットバンキングを使用しない場合には、取引取引き店窓口にて手続きいただける(取引取引き店窓口で手続きした場合、債務者の口座への入金が翌営業日になる場合がございます)。


★返済方式
元金同額返済方式


★返済方法
1.約定返済額を普通預金口座から自動で引落しさせていただきます。なお、当行に預金口座をお持ちでない債務者は返金の自動引落しのために口座を開設していただく必要があります。
2.約定返済は東京スター銀行、またはゆうちょ銀行のATMでキャッシュカードを使用して入金ください。
3.約定返済以外に、手数料無料で繰上返済によりインターネットバンキング等を利用して返済できる。


★約定返済額
返済元金に、1ヵ月間の金利をあわせた金額を、毎月返済いたします。

1.返済元金
ローン残高、利用限度額のいずれか高い額の1/120(最低返金元金)を下限とした金額 (10円単位切り上げ)。

2.元利金返済額
上記金額に利息を合わせた金額

金利の計算は、前回返済日から該当返済日の前日までの借入れ元金に対して、当行所定の利率・計算方法により算出するもととする。

※使用開始時は、初回借入れ金額、使用限界額のいずれか高い額の1/120を返済額として設定いたします。
※利用開始後、返済元金に関しては、最低返済資金を下限として手数料無料でインターネットバンキング等を使用して変更可能。


★返済日
毎月10日(休業日の場合は翌営業日)


★利用開始後の注意事項
お客さまの信用状況を総合的に審査し、返済能力が低下したと当行が判断した場合のみ、事前に書面にて連絡の上、使用限度額を減額、または新たな借入を中止いただくことがあります。


★遅延損害金利率
年率14.8%


★手数料
事務取扱い手数料、繰上返金手数料は、必要ございません。


★担保・連帯保証人
担保・連帯保証人どちらも要りません。


★提携信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/

 

東京スター銀行おまとめローンTOP

 

 

「ブラックの正反対、「スーパーホワイト」は審査に通りづらい?

東京スター銀行 ローンカード ずっと生きてきたなかで、クレジットカードも使わず、分割払いで物を手に入れたことも無かったのだが、
突然まとまった金銭が必要になのでキャッシングを使いたいなぁ、と思っている「Aさん」という人がいたと仮定します。
このAさんはカードローン審査に落ちにくいと考えますよね。
、これまで全く利用してこなかったということはブラックリスト入りすることはありえませんし、
カードローン会社としても安心して融資してくれるだろう、と考えたからだと思います。

しかし実際には、Aさんの歳によってカードローン会社からの印象が異なってしまう可能性があるのです。
例として、Aさんが24歳の方{だとします|だったとしましょう。
勤務の年数は1年なので最低基準を越えてていますし、信用情報{もまっさらで問題なさそうだ|信用情報がまっさらなのはまだ若いから経験がないのだろう、
とカードローン会社は判断するため、このAさんの状態であれば審査を通過する可能性が非常に高いです。
別の条件を提示します。
このAさんが32歳になる社会人であったとします。
勤務の年数は10年ありますが、信用情報を見るとまっさらな状態である??。
この場合、前者に比べてカードローン審査に落ちる可能性が増えてしまうのです。

というのは、信用情報には「ブラック」と呼ばれている状況|状態の他に、「スーパーホワイト」という概念があります。
「スーパーホワイト」とは、「信用情報に一切の履歴が残っていない」という状況のことを指します。
審査においては、信用情報に記載された過去の支払い状況を基準に「{この人は信用できるのか|融資を行ってもちゃんと返ってくるのか?」ということを判断します。
情報の宝庫であるはずの信用情報が役に立たなかった場合、「{今までの記録がないのは、
なにかしらの理由があるのではないか|情報が全くないのは訳ありなのでは?」と思われ、審査に落ちやすくなるのです。

疑われてしまう要因となるワケはいくつかあるのですが、その中でも一番疑うのが、
「昔に支払い事故に手を入れた事実があるのではないか?」ということです。
法律による任意整理や自己破産にも、その事実が残存する期限があり、
任意整理なら5年、自己破産であれば最大10年とされています。
時間が経ちこの期限を過ぎると、事故情報と一緒にそれまで積み上げて来た信用情報がまったくの白紙になってしまうのです。
もしも20歳の頃に自己破産をしていたら、その記載の期限が切れるのは30歳の時になります。
一切が消えてしまうといい歳なのに信用情報が一切無い、非常に不自然な状態になってしまいます。
この「{自己破産をして立ち直った状態|事故の記録が消去された状態」と「いままで全く使ってこなかった状態」は、
キャッシング会社にはどちらなのか判断がつきません。
なので、カードローン会社は貸付に踏み切れないのです。

現代ではクレジットカードの普及などで、
「信用情報が全くない人」が減ってきつつあります。
なので、使うような回数は高くなくとも日常的に信用情報を気にしておくと、
カードローンの審査にも通過しやすくなりますし、将来を見据えた時にも有利に働きますので、
たまにはクレジットカードやカードローンを利用して信用を高めておくことをおすすめします。

 

↓↓お申込み・詳細はこちら↓↓

 



●オススメカードローン比較